2012年07月08日

LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)のクリーニング!





シマダクリーニングから今日は、高級ブランドLOUIS VUITTON (ルイヴィトン)についてのご紹介ですexclamation


LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)

  公式サイト
 ↓↓↓↓↓↓↓
http://www.vuitton.com/

▼HISTORY▼

ルイヴィトンの歴史は、1854年にパリに旅行鞄専門店をオープンしたところから始まります。
荷造り用の木箱職人として修業してきたルイ・ヴィトンが作ったトランクは、斬新なアイデアによってたちまち人気となりました。当時のトランクが革製品が常識だったのに対して、キャンパス地を採用したのは彼の斬新なアイデアのなせるわざでしょう。

また輸送機関の発達に注目し、積み重ねることのできる平らなトランクのデザインが絶大な人気を得ました。 1888年には、二代目ジョルジュ・ルイ・ヴィトンが日本の市松模様をヒントに「ダミエ・ライン」を考案。

さらに1896年には、ダミエのコピー商品が出回るのを防ぐために、新たなるデザインであり、今やお馴染みのルイ・ヴィトンの定番柄「モノグラム・ライン」を作成。

このデザインにより今や押しも押されぬ人気のトップブランドとなった。
今や世界中で愛用されているブランドであるといえる。
日本での人気は言うまでもない。

1821年 ルイ・ヴィトン氏 誕生
1835年 わずか14歳でルイ・ヴィトンは故郷のジュラを去り、徒歩でパリに移ることを決意。
      ジュラを出発し、パリに到着したことには2年の歳月が過ぎようとしていた。
1854年 世界初の旅行鞄専門店をパリ、ヌーヴ・デ・カブシーヌ通り4番地に創業
      グリ・トリアノン・キャンバスで覆われた平らなトランクを制作
1859年 注文が殺到しパリ市内の工房だけでは対応しきれず、近郊の町アニエールに新しい工場を創る。
1867年 パリで開かれた万国博覧会に出展
1885年 ロンドンのオックスフォード通りに初のルイ・ヴィトン ストアをオープン
1888年 “marque L.Vuitton deposee”とプリントされたブラウンとベージュのダミエ・キャンバス誕生
1892年 ルイ・ヴィトン氏逝去。
1896年 ジョルジュ・ヴィトン(2代目当主)によってモノグラム・キャンバスが誕生
1901年 スティーマー・バッグ誕生
1905年 偽物対策のため、モノグラム・キャンバスの商標登録を行う。
1908年 偽物業者が告訴され、フランスで初の実刑判決を受ける。
1914年 パリのシャンゼリゼ通りに初の路面店をオープン
1930年 キーポル誕生
1932年 ノエ誕生。ノエはシャンパンボトルを運ぶためのバッグとして誕生。
1936年 ジョルジュ・ヴィトン逝去。
1959年 ソフト・キャンバスの登場
1977年 ルイ・ヴィトンストアは2店舗に。年間売上も7,000万フランス・フラン(US$1,000万)に増加
1978年 日本初のルイ・ヴィトン ストアを東京と大阪にオープン
1983年 「アメリカズカップ」の挑戦艇選抜シリーズとして、「ルイ・ヴィトン カップ」がスタート
1984年 韓国初のルイ・ヴィトン ストアをソウルにオープン
1985年 エピ・ライン誕生
1987年 モエ・ヘネシーとルイ・ヴィトンの合併により、LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトンが誕生
1988年 ルイ・ヴィトンの利益が前年度比49%アップ
      第1回ルイ・ヴィトン クラシック、パリのバガデル公園にて開催
1989年 ルイ・ヴィトン ストア 世界で130店舗に
1990年 ルイ・ヴィトン社長にイヴ・カルセルが就任
1992年 中国初のルイ・ヴィトン ストアを北京にオープン
1993年 タイガ・ライン誕生
1994年 ブック・コレクション「Voyager Avec…」を発刊
1996年 世界7都市でモノグラム・キャンバス誕生100周年を祝う
1997年 ペン・コレクション誕生
1998年 アーティスティック・ディレクターにマークジェイコブスを起用し、レディース、メンズ・コレクションを発表
      モノグラム・ヴェルニ ライン 誕生
      ヴィンテージ・カーが大連〜北京間を走破する、ルイ・ヴィトン クラシック、チャイナ・ラン 開催
      トラベル・ノートブック 発刊
1999年 モノグラム・ミニ ライン 誕生
      ルイ・ヴィトン シティ・ガイド 発刊
2000年 アフリカ大陸初のルイ・ヴィトン ストアをモロッコの首都 マケラッシュにオープン
      シャロン・ストーンがデザインしたヴァニティー・ケース、“ヴァニティ・スター”が、
      ヴェニス国際映画祭で開かれたエイズ基金のチャリティー・オークションに登場
2001年 ルイ・ヴィトン初のジュエリー、「チャーム・ブレスレット」をマーク・ジェイコブスがデザイン
      アメリカズカップ150周年
2002年 表参道に初のルイ・ヴィトン ビルをオープン
      タンブール ウォッチ・コレクション 誕生
      NY出身の舞台美術家、ロバート・ウィルソン氏とのコラボレーションによるクリスマス用ウィンドーディスプレイを発表
2003年 日本人アーティスト 村上隆氏とのコラボレーションによるカラフルなモノグラム・マルチカラー ライン 誕生
      ルイ・ヴィトン カップ20周年
      ユタ・ライン、スハリ、ライン 誕生
      ロシア初のルイ・ヴィトンストアをモスクワにオープン
      インド初のルイ・ヴィトンストアをニュー・デリにオープン
2004年 ルイ・ヴィトン創業150周年
      ニューヨークのフィフス・アベニューに2つ目のルイ・ヴィトン ビルをオープン
      中国初のルイ・ヴィトン グローバル・ストアを上海にオープン
      南アフリカ初のルイ・ヴィトン ストアをヨハネスブルグにオープン
      スイス人アーティスト、ウーゴ・ロンディノーネ氏によるクリスマス用ウィンドー・ディスプレイを発表
      初のジュエリー・コレクション、アンプリーズ誕生
     ダミエ・ジェアン ライン 誕生
2005年 スピーディ ウォッチ・コレクション 誕生
      メゾン ルイ・ヴィトンをシャンゼリゼ(パリ)にリニューアルオープン
2006年 シャンゼリゼ(パリ)のメゾン ルイ・ヴィトンの7階にエスパス ルイ・ヴィトンをオープン
      往年の定番バッグを蘇らせた新アイコン「ロックイット」がノマド・ラインより登場
      Assouline社より「Louis Vuitton-アイコン-」ブック 出版
      ブダペスト、ウィーン、プラハ間でクラシック・カーレース、ルイ・ヴィトン クラシック ポエム・ラン 開催
      モノグラム・ミニ・ラン ライン 誕生
      ニューヨークのフィフス・アベニューと台湾にメゾン ルイ・ヴィトンをオープン
     ダミエ・アズール シリーズ 誕生
      デンマークのアーティスト、オラファー・エリアソンによるクリスマス用ウィンドウ・ディスプレイを展開

2009年1月1日現在、ルイヴィトンは日本国内に56店舗(うち百貨店内43店舗)を構える。 

【LOUIS VUITTON関連情報サイト】

ルイ・ヴィトン 公式サイト

ルイヴィトン財布、バッグの情報サイト

Wikipedia

LVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン・ジャパン

ルイヴィトン (LOUIS VUITTON)の詳細情報

ファショコン通信

ファッションプレス

LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)お手入れ情報

Tシャツやニット、ポロシャツなどのカジュアルラインも、ご家庭でのお洗濯は避けられた方がいいですよexclamation

色落ちや縮みが気になる方は、お気軽にご相談下さいませexclamation×2

【付録】

LOUIS VUITTON (ルイヴィトン)の水洗いクリーニング

2012-07-01 15.53.52.jpg


posted by シマダクリーニング at 18:54| Comment(3) | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月04日

CHANEL(シャネル)のお手入れ!

久しぶりの更新です…

ありきたりなデザインに飽きてしまった方にCHANEL(シャネル)はお奨めです。

個性的なデザイン、多彩な色とシルエット、見てるだけでも楽しいですよね!

けっこういろいろと細部まで工夫がなされており、シルエットがよく見えます。

ど派手なものは少なく、デザインにこだわった商品が多いので長い間着ることができると思います。

当店でもCHANEL(シャネル)の商品は取り扱わさせていただいておりますが、かなり神経を使います。

CHANEL(シャネル)の服をご愛用の方はきっと、自分だけのためのアイテムという感じでご購入されているのでしょうね。

商品がしっかりしているので水洗いも大丈夫ですが・・・これまた大変なんですよ〜

とは言うものの、やはり高級品は汚れる前にお手入れするのが永持ちの秘訣ですよ!!




いかがでしょうか?
posted by シマダクリーニング at 07:47| Comment(0) | ブランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。